三匹の猫〈野良猫から飼い猫になって〉

アクセスカウンタ

zoom RSS 白内障の手術 A (当日編)

<<   作成日時 : 2017/04/25 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 10

画像手術当日は、
家族と一緒に注意事項を聞きますので、
9時過ぎには到着。

私は向かいの薬局で薬をもらいに行きます。
飲み薬、目薬を頂きました。

その間舅は検査をしています。

その病院がかかりつけ医の方は、
手術代金は翌日の支払いですが、
そうでない私たちは全額窓口で支払います。

洗浄綿や眼帯も頂きました。
まあ、それらは買うんですけどね。

その後、順番に2階の部屋へ。
先だっての説明会の部屋に行きます。

舅は階段が上がれるか不安だったので、
スタッフの若手のお兄さんが、
後ろからお手伝いしてくださいました。

帰りは、そのお兄さんと、
今回の責任者のベテラン看護師が、
下りるのを手伝ってくださいましたので、
大変助かりました。
ありがとうございました。

その病院では、
手術は11時頃からスタートですが、
まずは白内障以外の手術を先にします。
その後、11時半ごろから、
順次、手術着を着て手術の準備をします。

手術着は、右目だけ、左目だけ、
両目と一目瞭然でわかるように、
黄色、青、ピンクの不織布でできたものを着ます。

順番は当日の発表。
いつもより少ないうえにさらにお2人がお休み。

最後の方はいつもより早くできますって。

最後の方の方は、
麻酔が効きにくい方って、
事前説会ではお話しされましたが、
今日は皆さん同じくらいでした。
最後の方はごめんなさいねって。

舅は左目が2番目で、
右目が5番目でした。

責任者の看護師さんが、
当日の注意をします。

やはりね、痛くないから、
当日から家事をされる方がいるので、
絶対にやめて下さいって。

お腹を切っていたら入院して、
病院で安静にしていますが、
白内障は日帰り。
痛く無いし自宅にいるから、
どうしても動いてしまう方がいるそうです。

当日に家事をされた方は、
やはり翌日に強く炎症が起きました。

今日はまっすぐ帰ってください。
帰りがけに外食はダメですって。

自分で注意、管理しないといけないです。
傷口からばい菌が入ると、
失明する場合もありますよ。
目はお腹より怖いですよ〜って。

手術中、くしゃみや咳をする時は、
突然しないで下さいって。
切開したところから圧で液が出ます。

したい時は「くしゃみが出る」って言ってから、
して下さいって。

舅、時々咳ばらいをします。
説明なんて聞いていないだろうから、
手術前に再度確認しましょう。

飲み薬、目薬の話など、
細かに注意事項をお話しくださいます。

しばらく説明していたら、
「話が長いな〜」って舅。

まあ、いい歳した大人が!
大事な話なんだからちゃんと聞きなさいよ!
自分の手術なのに!

そう思っていたら、
「シッコがしたいな」

。。。。。急いでトイレに連れて行きました。

はあ、困ったじいさん。
だって、トイレには病院についてすぐに行っています。
まだ1時間半も経っていません。

それに、≪話が長い≫の一言は余分です。
トイレに行きたいだけでいいでしょう。

思ったことをすぐ口にします。

トイレからなかなか舅は出てきません。
時々説明に聞き耳をたてていましたが、
ドアが閉まっていてはっきりと聞こえません。
姑じゃあ覚えていないしな。。。

その後ドアが開いていて、
ビデオが流れていました。
チラリと見たら、手術着の着方の説明でした。

ようやく舅が出てきました。
舅、手を洗う際、杖を手洗い付近に置いたら、
バターンって倒しました。

看護師さんがすぐさま「大丈夫ですか?」って。

すみません、お騒がせしました。
杖が倒れただけです。

ようやく話が終わり、
家族の方は一旦家に帰ります。

が、舅のトイレが心配で帰れません。
手術室に入れば大丈夫ですが、
それ前はお世話が必要。

しばらくすると看護師の方が来て、
舅はいったん隣の部屋へ案内されます。
糖尿病の患者だけ飲食が可能で、
持ってきたパンを食べました。

姑はこんなとこにずっといたくないと言い続け、
舅に1人でいいね、
1人でトイレ行けれるよね。
おらんくても大丈夫だねって。

ご飯を食べに行こうって私に言うが、
まだ時間は11時前。

ご飯には早い。
しかも手術前に舅にトイレにも行かせたい。

トイレには1人では無理でしょう。
家とは違います。
手術を待っている間は、
看護師の手がないから、
舅の面倒をみないと。

姑は舅に何度も「トイレは?シッコは?」って。
もちろん「まだない」って舅。

そりゃあそうでしょう。
10分前に行ったばかり。

舅が手術が終わるのは12時半頃の予定。
そのまま待っていても1時間半ほど待つだけ。

私は別にここで待っていてもいいんですが。
お昼ご飯が1時過ぎても問題ありません。

しかし少しでも居たくない姑は、
何度も何度も「トイレは?シッコは?」って。

まだ30分にも経っていないよ、
まだ行かないでしょうって言うんですが、
しつこくしつこく聞く姑。

ようやく11時半ごろに舅は呼ばれ、
手術着に着替えます。

トイレも「今はいい」って。
今は、ですか。。。
手術中に行きたくなるかな?って、
看護師も私も心配しましたが、
これ以上どうしようもありません。

看護師さんにお願いして、
姑と食事に行きます。

もどって来たのが12時半少し前。

「片目は終わっていて、
 これからもう片目です」と看護師さん。

かわいいおじいちゃんですね〜って。

ははは、舅ココでも人気者です。

「デイでも人気ですよ〜。
 家では全く違って、
 ばあちゃんにえばっているんですけどね」

「うちと同じだわ」って責任者の方。

お母さんには甘えているんだわって。

お話が聞けそうな雰囲気だったので、
疑問に思った事をお尋ねしました。

初めて通院した眼科だったのですが、
とにかくスタッフの多さにびっくりしました。
入れ代わり立ち代わりとスタッフがみえて、
いったい何人いるのかと思っていました。

30名ほどみえるそうです。

受付も5人ほどみえますよねって聞くと、
7名ですって。

ココ辺りでは一番大きな病院らしいです。

確かに今までで通った眼科って、
先生は1人に看護師数名って感じです。

さすがに毎年1,000人前後の、
白内障の手術をしているだけあって、
複数の先生の名前。

他から来ていただいているから、
そう言った事が出来るんですね。

手術は週2日。
今日は少ないからこうしてお話ができますって。

私も大忙しだったら、
声掛けなんて無理でしたが、
いない間の舅の様子を聞かせて下さったので、
こうして質問ができます。

もし私が白内障になったら、
ここでお世話になろうかなって思いました。

(姉猫と妹猫のケンカ中)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
細かな説明をしてくださるスタッフの方、
的確にレポートされる猫ねこネコさんに拍手ですよ〜。
どんな小さな手術でもメスを入れたあとは絶対に油断禁物ですよね。お舅さんのお目目が見えるようになって喜んでらっしゃるようで良かった!散歩も快調に出来るといいですね。
それにしてもお舅様さまの人気が止まりませんね(^^)。
ひぽたん。
2017/04/25 16:35
すごい大きい病院ですね。
白内障、緑内障は年を取っていくとね…
お疲れ様でした。
かるち
2017/04/25 22:26
ひぽたん。さんへ
事前、当日の説明で、いろいろ注意事項を言われました。しかも具体的にお話しくださったので、とても分かりやすかったです。
舅、意外とおしゃべりなようです。
誰かまわず楽しく話しをしています。
姑にも優しく言うと、とってもいいおじいちゃんなんですけどね。
猫ねこネコ
2017/04/25 22:46
かるちさんへ
駐車場も付近にたくさんありました。
80歳前後の姑たちの知り合いは、「もう手術をした」って方が多いです。
今後週1回の通院。
その後、月に1〜2度になるのでかなり楽になります。
猫ねこネコ
2017/04/25 22:52
手術自体は簡単ですが、その前がちょっと気を遣われたようですね。確かにトイレはねぇ〜。
草凪みかん
2017/04/26 22:34
草凪みかんさんへ
3ミリを切るそうですが、ほとんど出血もないそうです。
ほんと、舅のトイレには毎回手を焼きます。
毎日、夜中にも3回は行くそうで。。。
猫ねこネコ
2017/04/26 22:55
病院の方が事細かに説明してくれるのはありがたいですね。でも、お舅さんには「長い」ですよね。私も長い話は苦手、すぐ忘れちゃいます。動物病院の先生の説明も一生懸命聞いてますが・・・
猫ねこネコさん、お疲れ様です。
ひじっ子
2017/04/28 22:26
ひじっ子さんへ
舅、すぐにトイレって。
夜中にも3回くらいは行くそうです。
紙に書いても、ほとんどが高齢者。
文字って読まないのよね〜。
丁寧なんだけど、姑では覚えられませんでした。
猫ねこネコ
2017/04/28 22:48
緊張すると・・・ねぇ!
大変ですよね、トイレ!
お舅さん、<外面がいい>という事でしたから大丈夫じゃないですか!?放っておいて昼食に行っても!!
宮星
2017/05/01 11:39
宮星さんへ
待合室では、看護師さんの手がないので、かかりつけの医院から、そばにいるように指示がありました。
補聴器も外したので、あまり会話ができません。
食事くらいなら、全く問題なかったです。
帰る前にトイレに行かせ、自宅に帰りました。
検尿は、出ないのに。。。
困ったものですよ。
猫ねこネコ
2017/05/01 12:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
白内障の手術 A (当日編) 三匹の猫〈野良猫から飼い猫になって〉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる