肋間神経痛

画像4月の中旬、
朝起き上がる際、
右脇腹、
丁度肋骨の下部分に痛みが走りました。

その時は、
痛いな、って思った程度の痛さ。

その後、
日に日に痛みは増すばかり。

くしゃみはおろか、
鼻をかむのも、
チクチク、キリキリと痛みが走りました。

4月はまだ花粉症の症状がひどい時期。
一日に何度も鼻をかみます。

その度に痛くて。。。。

他に痛みや症状は無く、
何が原因なんだろう?

≪痛み 右肋骨下≫を入れ検索。

入院が必要だったら困るわ。

≪肋間神経痛≫と言う言葉が出てきました。

肋間神経痛?

初めて聞きます。

原因は?

・内臓に重大な病気がある
・睡眠不足
・姿勢
・ストレス
などがありました。

病気に関しては、
病院で検査しないと分かりませんが、
睡眠不足、姿勢、ストレスは、
心当たりがあります。

特にストレスに関しては、
舅の事で強いストレスがありました。

この頃、舅は自宅にいました。

間もなく来る今年の長いGWは、
恐怖でしかありませんでした。

舅の病院の予約はGW明け。

担当の先生は4月で移動でされ、
別の先生に変わり、
このGW明けの診察が初顔合わせです。

前担当の先生は若い方でしたが、
分かりやすく説明してくださり、
話しやすかった先生。

とても親しみやすい方でしたが、
次の先生はどんな方でしょう。

また4月に中旬頃から、
舅はあまり食べられなくなっていました。

3月末、
移動前の最後になった診察の時、
食べれなくなる、
動けなくなるなどになったら、
予約を待たずに来てください、
と先生はおっしゃったけど、
連れて行けばそのまま病院で、
最期を迎える事でしょう。

大好きなデイサービスの施設より、
自宅が一番と言う舅。

少しでも自宅の方がいいのかな。
でも姑の負担を考えると。。。。

その板挟み。

それに姑は耳が遠くなり、
話がかみ合わないし、
理解しないし、
記憶してくれなくって。。。。

でも、一生懸命にお世話をしている姑には、
何も言えません。
(って、補聴器をつけてとか言っていますけど

さらには旦那、
GWに行く御朱印集めの計画ばかり。

ある程度家にいるみたいで、
旦那なりに考えていたようですが、
どういう予定かさっぱり分かりません。

もしかすると、
GW中に病院へ行くことになるよって言えば、
めんどくせえなあって。

面倒なのはこっちよ!
自分の親でしょう!!
と、そんな思いで旦那を睨みつけました。
(結果的に旦那とGW中に連れて行きましたが)

とにかくいろんな事がストレスでした。

このストレスを取り除くことは難しいけど、
早く寝たり、
姿勢をよくすることは、
私自身が気をつければいい事。

激痛は1週間ほど続きました。

一番激痛があった頃に、
デイサービスから帰った舅を、
ベッドに移動させる時がありました。

舅は既に足に力が入りません。

送ってもらう際、
ベッドまで連れてきてもらうように、
ケアマネさんが施設に頼んでくれているけど、
姑がここでいいと断っていて、
舅は床で寝ている状態。

いくら体重が軽くなったとは言え、
力が入らない人を運ぶのは、
かなりの重労働です。

しかも脇腹が痛い状態では。

その後、何の治療もせず、
痛みは無くなりました。

痛み初めて2週間くらいだったと思います。

今、脇腹をおさえても何の違和感もありません。

いったい何が原因だったんでしょうか?。
やっぱりストレスかな。




その後、GW明けの診察で、
入院をさせていただいた舅。

点滴も外し、
食事も要らないと食べていませんが、
頑張っています。

かなりやせこけました。

人間、水だけでここまで頑張れるんだ、
と、感心しています。

先日も「水」と小さな一言。
姑では聞えません。

が、突然「おばあさん、おばあさん」
と大声で姑を呼びました。

そのあと何か言いたかったようですが、
口をパクパクするだけで、
声が出ないって言うより、
言葉が出ないって感じでした。

おばあさん、ありがとうだったのかな?

ありがとうだった?って言えばよかった。
そうしたら舅はこくりとうなずくだけでよかったのに。
姑と会話ができたのにね。

ごめんね、気がきかなくって。
次回は思いをくみ取れるよう頑張るね。

(意外とお腹を触られるのOKな母猫)

この記事へのコメント

2019年06月13日 21:37
肋間神経痛に限りませんが、ストレス由来の痛みというのは馬鹿にできません。ひとつ間違うとけっこう長引きますしね。
ついつい医学書を見たりしてしまいますけど、必要以上に神経質にならないことも大切です。
お舅さん、まだ大きな声が出るんですね。
水だけでも人間そこそこ頑張れる…昔の人が言うことは嘘じゃないんだなぁ。
残り少ない日々、大切に…。
2019年06月13日 22:52
うちの父も 祖父を介護してた時は病院の送迎くらいで あとは母や叔母(父の妹)・私任せでしたよ
自分の親なのに まったく・・・って思いましたよ
肋間神経痛は ストレスが原因って言いますよね
お大事になさってください
お舅さん 食べられなくなりましたか
うちの祖父も 病気じゃなくて老衰だったけど 最後はお水だけで 結構がんばっていました
祖母は入院中だったので 祖父を看取ることができませんでした
祖母を大事に思ってた祖父の気持ちを考えると ちょっとかわいそうだったなぁ・・・と思います
お姑さんとお舅さん 夫婦二人の時間を少しでも長く過ごせますように
2019年06月14日 09:42
草凪みかんさんへ
昨晩、高木美保さんがパニック障害になられていた事をお話しされていたテレビを見ました。原因はやはりストレス。ほんとバカにできないですね。
なるようにしかならないので、ゆったりとして気持ちで迎えるよう心掛けたおかげか、GWごろには痛みは無くなりました。
声も出なくなったのですが、あまりに大きな声が出たのでびっくりしました。
とろみのついた水をおいしいとごくごく飲んでいますが、飲み過ぎるとその後、痰などが大量に出るようで、大変なようです。
最後だから好きなだけ飲ませてあげたいんですが、看護師さんからは少しずつって言われてしまいました。
2019年06月14日 09:52
みるしっぽさんへ
どうも男性は他人事ととらえているのか、認めることが嫌なのか分かりませんが、消極的にかかわっていますよね。
やはりお水だけでも頑張れるんですね。
よくケンカをしていた舅と姑ですが、やはりお互い顔を合わせると、落ち着くようです。
2019年06月14日 11:37
介護の大変さ、読んでいてよくわかります
体が悲鳴を上げたのでしょう
ゴールデンウイークを乗り越えられて、ホット一息で治ったのかも
姑さんも高齢なのによく頑張っておられ、舅さんも心の中では感謝されてると思います
2019年06月14日 14:19
T&Mさんへ
治療が必要な病気だったらどうしようかと思いました。
ストレスの場合が多いようだし、自分で睡眠不足など気をつければいいみたいだったので、あまり考えないようにと思いました。
長いGWが過ぎ、ほっとしています。
姑は汗をかきながらのオムツ交換。ほんと頑張ってきました。
今は「困った、困った」と連呼し、心落ち着かないようです。
なるようにしかならないのにね。
2019年06月15日 00:04
父も似たような感じでしたから,介護が大変だということはわかるつもりです
食が細くなっていくことへの焦り,不安もありましたね

肋間神経痛ですか!大変でしたね.猫ねこネコさんのストレスがそこに現れたのでしょう どうぞ無理せずご自愛くださいね

ご主人様が御朱印集めの計画ばかり考えるのは,現実逃避の部分もあるのかも?
2019年06月15日 08:30
おはようございます
私も若い頃「肋間神経痛」
ストレスが原因て言われた
こと思い出した。((+_+))
猫ねこネコさん
無理をしないでお大事にしてくさい。
2019年06月15日 15:45
高血圧も原因が見当たらなければストレス由来とか言われますからねえ
ストレスで胃に穴が空くくらいだから馬鹿にはできないとは思うものの…
肋間神経痛は漢方での治療もやってるみたいですよ
とりあえず治まったなら良いですが慢性化することもあるようですから、お気を付けくださいね
お舅さんもお姑さんも、できるだけ穏やかに過ごされますように祈っております
2019年06月15日 16:32
人の体は正直なんですね。
今は痛みは再発していませんか?
お舅さんは色々姑さんに言いたいのでしょうね。
お互い健康な時に口に出せば良いことがたくさんあるのに 何故か出し渋っている。
気持ちだけじゃなくって言葉にするのは大事ですね。
2019年06月16日 16:21
マーシャの乳母やさんへ
食べられない事は、長くはないって事かなって、焦りました(実際けっこう生きられるようで、舅は水だけで頑張っていますが)。
他に何も症状はないようだし、おそらく肋間神経痛かな?って。病院へ行こ事もなく治まりましたが、再発もあるでしょから、気を付けます。
やっぱり現実逃避かな?
今日は朝から御朱印へ行き、午後から姑を病院へ連れて行っています。まあ、そこそこやっているようだし、あまり言うとお互いが嫌な気持ちになるのでやめます。
その代わり私はブログぐで愚痴って、旦那を笑い者にしてやろうと思っています
2019年06月16日 16:30
陸&クロさんへ
あら、経験者がおられましたか。
やはりストレスが原因だったんですね。
陸&クロさんも大変な時です。
休める時はしっかり休んでください。
そしてお嬢様が元気になられることをお祈り申し上げます。
2019年06月16日 16:38
摩利紫天さんへ
舅の事でケアマネさんや施設からは何度も電話があるので、病院へ行こうか迷っているうちに、症状は無くなりました。再発もあるかと思いますので、気を付けようと思います。
水だけで頑張っている舅です。
最期は穏やかに旅立ってもらえたらいいなって思っています。
2019年06月16日 16:43
コマダムさんへ
時々痛かった肋骨を押してみたりしますが、大丈夫なようです。痛かったのがまるでうそのようです。
再発しないよう気をつけます。
元気なうちに言葉にしないと、弱ってからでは声もでにくく遅いですね。
つくづくそう思いました。
2019年06月16日 22:13
痛み、治まって良かったですね。
骨折したかと思っちゃいましたよ。
精神的にも体力的にもストレスいっぱい抱えてらっしゃるから気を付けてくださいね。
母猫さん、柔らかそうなお腹(笑)
2019年06月16日 23:49
ひじっ子さんへ
ほんと痛いみが治まってよかったです。
私も骨折したかと思い、肋骨を押してみました。
骨ではなさそうで、内臓かな?って。
がんだったらどうしようかと思いました。
しかし病院へ行きたくても舅の事が気になって、行けませんでした。
やっぱ、年を取ると肉体的にダメなのかしら?
運動しないといけないですね。
母猫のお腹、フカフカ、フワフワで気持いいですよ~。
普段は私が近づくと逃げちゃいますが、くつろいでいる時にそっと触ると逃げません。
それどころか足を広げ、≪母猫の開き≫ができますよ。
2019年06月17日 13:07
こんにちは
ストレス、半端ないと思います。
断言しますヽ(゚Д゚)ノ
ありがとうかぁ…。本当にそうならお姑さん、嬉しいですね。
肋間神経痛、半端ないですよね…
本当、よく包丁が刺さった!言うてました(笑)
今はそれが背中もお腹も左下肢も…。
痛いはずでしょーーーー( ´艸`)
次、痛みがきたらリリカっていう薬を貰うといいですよ。
ちょっと高いですけど、痛みはマシになりますから
2019年06月17日 14:39
ちぃさんへ
長い連休はうれしいはずですが、舅の体調がすぐれないので、どうしたらいいのか不安しかありませんでした。
リリカですか。
さすが看護師さんですね。
包丁で。。。。
何とか生活はできたし、そこまでは痛くなかったかな~(刺された事ないから痛さが分かんないけど)。
今のところ出産より痛かったことは無いです
ちぃ
2019年06月18日 07:14
おはよーございます!
いえいえ、リリカは今自分が飲んでいるんですよ新しい薬多いので、全然分からないわ~。
肋間神経痛と一言で言っても痛みに個人差があるみたいですね。
出産か~(゚Д゚;)
私は帝王切開だから知らないんだよなぁ…
2019年06月18日 23:55
介護もですが、ご自分の身体も大切になさらないと!
痛みが強い時はすぐに診てもらった方がよかったのでは?
病院で診てもらって処置なり薬なり出してもらえば、ご主人も相応の動きをして下さると思いますよ!
心も身体も、我慢し過ぎは禁物ですヨ!!
母猫さんの表情が・・・
2019年06月20日 00:27
ちぃさんへ
リリカは新薬なんですね。
だから私が持っているクスリの本に載っていなかったんだ。
痛みは何もしなかったら、我慢できるくらいの痛さでしたが、鼻をかむと顔がゆがむくらいの痛さでした。
帝王切開だって傷口が痛いでしょう。
帝王切開した友達は、出産後も下着が当たって痛かったそうですから。
2019年06月20日 00:35
宮星さんへ
はい、まずはお世話をする人が心身ともに元気でないとダメですね。
月曜から喉が痛かったので、今回はすぐに病院へ行きました。
お腹を触れるのは母猫だけなんですが、普段は逃げます。でも時々こうして触らせてくれます。
触っていると気持ちよさそうです。足もカリカリと動いてそこそこって合図してくれます。

この記事へのトラックバック